Canvas2 カペタ 第一話 感想

Canvas2
原作ゲームは購入しましたけど積みっぱなしなのは秘密です。
なので、前情報も先入観も無しで視聴しました。
主人公が世捨て人っぽい雰囲気で、なんだか自分探しの旅にでもでそうなタイプ。
ヒロインは赤信号をみたら発作で倒れたんですけど、重度のPTSD?
学校じゃなく、病院に通おうよ!
日常生活に支障をきたしてるでしょ~。
部活の場面ではぎすぎすした空気でしたし、ちょっと観続けるにはつらいかな。
2話を観てきめよう。

カペタ
これまた原作物ですが、原作は読んでません。
まず、曽田ナイズドされた絵に目を奪われます。
父子家庭である主人公カペタ。仕事がいそがしい父親に甘えたくても
甘えない一本通った男気ある性格。
周囲の女子にちやほやされてもなんだかと理由をつけて絵を描かない
Canvas2の主人公に見習わせたいです。

父親も、仕事で手一杯でカペタのことが頭に入ってないというわけじゃなく、
仕事先でカペタが車好きだったことを思い出し、壊れたゴーカートの部品を
持って帰り修理するなど、ちゃんと子供のことをみていますね。

展開も雰囲気もまったくかけ離れていますが、山口博史のおれのサーキット
思い出しました。ポケバイとゴーカートで全然違いますけど。

今後も期待していきたいです。
あと、これだけはいわせてください。
セリフ すごい 棒読み

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック