アイマス日記その630 と アイマスコミック記

画像

箱マスで、新たにアイコンが来てましたよ(・ω・)ノ
さっそくDLする儲がここにいるわけですが、どうですか。


画像

なにげに、200ポイントもするのですな。
や、もうね、アイマス関係は税金と同じで
収めないと気がすまないんですよ!
無条件で!←洗脳搾取虎の巻(リンク先:ニコニコ動画)


画像

今回のアイコンは、みんなワクテカしてるんですな。
参考までに、前回のアイコン↓
画像




ところで、アニメイトの通販を検索してたら、
9月にアイマスのコミックが発売になるとか
現在、角川のコンプエースで絶賛連載中の、
ゼノグラシアコミックかと思いきや、ゼノのほうは、
別枠になっていました

……ということは。
画像

コンプエースVol.3~Vol.9で連載されていた、稍 日向さん作画に
よる、コミックが、ついに単行本化ってことでしょうか!
うおお、黒歴史でお蔵入りかと思ってましたよ!
とりあえず、書庫をあさって発掘された、コンプエースVol.3とVol.5を
あらためて再読してみました。
ちなみに、書庫↓
画像

画像




画像

物語は、新米プロデューサーの金田上一郎(名づけ親は、若林ネ申w)
が、765プロに入社するところから始まります。
出社1日目に寝坊し、765プロ本社ビルにたどりついてみると、
そこには黒山の人だかりが。
それらは、マスコミの取材陣で、彼らが言うには、765プロの社長
高木順一郎が失踪したとのこと。
春香のお陰で、マスコミの取材攻勢から逃れた金田のもとに、
失踪した高木社長から、1本のTELが。
社長いわく、「アイドル候補生の中から3日以内に
一人を選び出し、オーディションを受けること。事務所の
未来は、新米プロデューサーの金田の腕にかかっている」
という無理難題を押し付けられる金田。
入社したばかりの新米プロデューサーは、いったい誰を選ぶのか?
765プロの命運はいかに!?

まあ、それはともかく、
画像

事務所の危機もどこへやらw
いきなり1話目から、海水浴で水着ですよ!


画像

ぷるんって! ぷるんって!
おかーーさぁーーーーーーん!!!(←イミフ)


画像

名札付きスク水で、謎の液体を頭からぶっかけられるやよいとか、
性的すぎるだろう常考!

当初、稍 日向版アイマスコミックは、全3回予定だったとか。
第3回目、コンプエースVol.3からの連載だったので、コンプエースVol.5に
掲載された分の扉は、いかにも最終回を暗示させるような煽り文でしたし。
画像

アンケートが好調だったのか、連載はその後コンプエースVol.9
まで続きます。
しかし、アイマスコミックファン的には残念ながら、打ち切りっぽい
終わり方でした。
その後、アイマスコミックは、上田夢人さんのコミックREXでの連載
が始まり、りゅうき夕海さんのサイドB/Nでの連載、黒崎まいりさん
ゼノグラシアコミックと、3本の連載が始まります。
まさに華やか成りしといったところでしょうか。

いやはや、去年のALL STAR LIVEのとき、上田さんのコミックが第1弾、
りゅうきさんのコミックが第2弾と発表されたとき
(真ん中辺り)は、
「稍日向版はなかったことにされたの!?っていうか、アイマスコミック第1弾は
ぷろとんさんの4コマでしょ常考!?」と、軽くパニック状態に陥りもしましたが。

やー、まだ確定情報とはいえないまでも、単行本がでるかも知れないと
希望が持てただけでも、望外の喜びであります!!


画像

なにせ、コンプエースVol.6のプレゼント、稍日向さん直筆テレカを
家宝としてますから!
執念というか、怨念をこめて抽選はがきを投函しましたw



画像

そいや、コンプエースVol.3に、アケマスの広告が載ってた。
当時のプロデューサーさんのアツイコメント付きで!

画像

いつ募集していたかはわからないのですが、アツイゼアツイゼ
アツクテシヌゼなコメントばかり。
広告の下の方に、「これらの文章はプレイヤーの皆様からのご意見を
もとに、広告用に再編集したものです」と注釈があったりします。
どの程度、再編集されたものかはわかりません。
が、そのアツさは決して編集とは思えません。
以下、ちょっと抜粋。

メール来た…
告白!?
電車の中で思わず涙が出たよ。
(18歳 学生)

彼女にはトップを取れる実力があったにも関わらず、その才能を
私が潰したのかもしれない…
そんな私に最後の武道館で最高の「蒼い鳥」を聴かせてくれた
千早の姿に涙が止まりませんでした。
帰りの電車の中でお別れメール受け取りました。
また泣きました。
(22歳 OL)

うぅ、切ないねぇ…
引退させるたびに、そのキャラが好きになっていくよ…
最初は一人だけをやってやめようって思ってたのに、
いつの間にか全員プロデュースしてた…
(38歳 会社員)

今までしてきたゲームの中で、これ以上ない最高の出来です。
思い入れとか、半端じゃないです。
思い出し泣きしながら書いてます。
最高のゲームをありがとう!
(18歳 学生)

「アイマス」は私を久しぶりにゲーセンへ呼び戻してくれたゲーム。
しかも、いわゆる「ギャルゲー」をやらない私を!
勇気を出してプレイしてみて本当によかった…
(36歳 会社員)

所詮ゲームと、冷めた感情はいつの間にか無くなり、
メールが来るのを心待ちにしてる自分に気付きました。
共に過ごした楽しい日々は忘れる事は無いでしょう。
ありがとう伊織…
私の宝物は伊織だったんだよ。
(19歳 学生)


どうでしょうこのアツさ。
アレ? オレいつ応募したっけ?
とか錯覚すること受け合い。
激しく同意してみたり、自分のファーストプレイを思い起こしてみたり。
そう、恥じらいなんて時には邪魔なだけ。
周りの目とかは関係ないんですよ。
ちょっとの勇気で、感動はプライスレス。

初めてのオデで、偽装CPUが全てHUMだと思ってドギマギしたことも。
ファーストプレイはFランクで終わったことも。
特別オデは、上級者しか受けちゃだめだと思ってスルーしてたことも。
全国5万が1枠で、地獄の様相を呈していたことも。
ファン数100万突破したのに、特別が足りず、Aランクになれなかったことも。
初めてSランクに昇格したことも。
そして、初めてドーム成功エンドを迎えたことも。
アイマスを、アケマスを始めなければ味わえなかったわけで。

中華、こいつらは、まさに朋友(ポンヨウ)。
ぜひ、酒を酌み交わして一晩語り合いたい。




音泉でアイマスレディオが配信
後で聴k(ry


帯広競馬場で、今週末の15日の日曜に開催予定の
あみまみ☆十勝つくちて♪杯、レース回が変更になり、
第2レース
になるとか。
ちょ、当日の飛行機は午前9時に帯広着なのよwww
とかかなり焦りましたが、出走は15時で、安心しましたw


なんという、アイマスMAD効果

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック